イリオス日記

きんかん

知り合いの果物屋さんからきんかんをいただいた。

この果物屋さんの果物はとても美味しい。

でも、きんかんねぇ・・・。

軽く洗って皮の部分だけ食べて下さい
とのことだが

きんかんは以前親戚の叔母さんから
甘露煮をたくさんいただいて以来ちょっとトラウマ。

c0098877_13474911.jpgでも生のまま食べたことないし
ちょっと風邪気味だし
とりあえず味見してみようと思い食べてみると・・・

これがとっても美味しくて
一気に3個も食べてしまった。
[PR]

# by irios-irios | 2008-02-18 13:55

アーユルヴェーダの爪診断

こんなの見つけました。

ドーシャの特徴
ヴァータ・・・乾燥、ヒビ、荒い、欠けやすい
ピッタ・・・・・滑らか、ピンク色、曲がりやすい、わずかに光っている
カファ・・・・・厚い、強い、滑らか、光っている

体調から見る特徴
縦線 :消化器系の吸収が悪い
横線 :栄養不足
表面の凹凸 :鉄分不足
白い点 :亜鉛、カルシウム不足
血の気が無い :貧血
黄色 :肝臓
青色 :心臓
ルナ(爪の白い部分)が青い :強く肝臓が悪い
ルナが赤い :心臓衰弱

私の爪は・・・
乾燥していて欠けやすい
そして曲がりやすくてちょっとだけ光ってる
⇒ヴァータ・ピッタが半々のヴァータ・ピッタ体質だと言われたことがある。

万年縦線バリバリ⇒もともと消化器系弱い。
最近爪の表面が凹凸になってきたなと思っていた⇒最近鉄分グミを食べるのを止めた。

・・・当たってる。

それから・・・
あっ!今日はルナが赤い!
確か1週間ぐらい前は白かったのに。

へぇー、心臓衰弱なんだ・・・。

思い当たる節がなくはない。
気を付けなきゃ。
[PR]

# by irios-irios | 2008-02-15 11:19

みのりヨーグルト

c0098877_9445681.jpg先日知り合いからいただいた飲むヨーグルト。

めちゃ旨でした。

ネットで検索してみると

みのりヨーグルト(茨城県)
製造者(株)美野里ふるさと食品公社

常磐自動車道美野里SA(下り)で売っているとのことだが・・・

常磐道のサービスエリアなんて
普通はそーそー通るもんじゃないでしょ。

・・・って、我が家は年に2回通りますけど(^ ^)v

夏の楽しみにしようっと。
[PR]

# by irios-irios | 2008-02-05 09:52

気付きといえば・・・

こんなことを聞きました。

人は基本的に
自分で自分の未浄化の先祖の霊を
成仏させることを請け負って生まれてくるそうです。

なので殆どの人に未浄化の霊が憑いてるそうです。

そして
自分の問題点に気付いたり
克服しなければいけない部分が克服できると

それと同じような思いを抱いている
未浄化の霊が成仏できるそうです。

その数は1人平均6000~7000体だそうです。

この数字を聞くと
えっ???・・・と思ってしまいますが

何はともあれ
自分の気付きや学びが
こんなところにも必要だなんてビックリです。
[PR]

# by irios-irios | 2008-01-30 10:20

気付き

※ある会報誌より PARTⅣ

ある癌の人は
腹の底から自分を傷付けた人を恨んでいましたが
気付きの過程をとおって治っていきました。

言葉にはキレイ・キタナイなんていうのはないのです。
感情は湧き上がるものなのです。

恨んでいるのに
恨んでいませんと言っても
それは嘘になるのです。

恨んでいるのなら仕方ない。

でもこれが吐き出されないと
じわじわと細胞の中に入っていき
深く細胞を傷付けてしまい
臓器が硬くなったり炎症を起こしてしまったりするのです。

気付かなければ
病気は根本的に治っていくことはありません。

自分を自己卑下しているわ
自分は悲しんでいるわ
自分は怒っているわ
自分は人を憎んでいるわ

そう自分で気付くことが大切なのです。

自分が真に自分を生きられるように…。
[PR]

# by irios-irios | 2008-01-29 09:36

自己免疫疾患

自分自身の正常な細胞や組織に対してまで過剰に反応し
攻撃を加えてしまうことで症状を来す疾患の総称。


※ある会報誌より PARTⅢ

リンパ癌、ALS、後退性神経症、免疫不全、多発性硬化症、皮膚病、
潰瘍性大腸炎、クローン病、リウマチ、糖尿病など
これら全部自己免疫疾患ですが

自己免疫疾患の元凶は
無意識下に未解決な感情をどんどん捨てていったこと。

なぜ自分が自分に対して攻撃するようになるかというと

そして自分で自分を否定したとき
自分で自分の人生を生きられないとき
自分の真の目的を遂行できないときに

これらの病気になる。

治すためには

過去に苦しかったこと
悲しかったこと
不安だったこと
1人でできないと思ったこと
恐怖だったこと

そういうことを思い出すことから始めなければならない。

真にそれを理解して

恐れるものは何もなかったし
人は自分を傷つけなかった

傷つけるのは自分だったという気付きがあったときに
初めてスーッと治癒に導かれていきます。
[PR]

# by irios-irios | 2008-01-28 12:00

臓器と感情の深い関係

※ある会報誌より PARTⅡ

例えば子供の頃

犬が死んで悲しかったけれどお母さんに
「いつまで泣いているの。
死んだんだからしようがないでしょ。」と言われ

犬が死んだ悲しみが
十分表現できないまま抑圧されてしまいます。

そして、やがて大人になりますが
悲しんでいる子供の自分が
心の奥底に置き去りにされています。

だから大人になって失恋などすると
同じような悲しみ、失った悲しみが
子供の頃の悲しみと共鳴して
悲しみを大きくさせるわけです。

でも、その悲しみがどこからくるかわからないので
解決することもできず、結局常に悲しいわけです。

そして
いつかこの悲しみによって肺に問題が生じます。

悲しむと肺が病みます。

悲しみを吐き出せないと咳になり
飲み込んだ涙は痰や鼻水になったりします。

このように臓器と感情の間には
深い関係があるのです。
[PR]

# by irios-irios | 2008-01-28 00:39

自らが病気をつくる

※ある会報誌より PARTⅠ

病気の原因は

ものの考え方や感情の抑圧で
自分本来の生命を生きていないこと。

小さい頃の心の傷によってできた癖。

泣くのが許されない場合
怒るのが許されない場合
わがままが許されない場合

これを表現することもなく
ずっと抑圧して

あなたがあなたを生きていないことにあるわけです。

現在のあなたの
ものの考え方、性格、行動パターンというものは
あなたの本質(=真我)ではないのです。

抑圧によりできた癖なのです。

病気とは
体だけが病むわけではありません。

日々の生活の中で心が詰まってしまい
その結果として病気となって現れることが多いのです。

だから
あなたが心の詰まりに対して
どのように対処していったか
見て見ぬ振りをしていったか
しっかり見つめて乗り越えたかが
病気になるかならないかの境界線になると思います。

自分の心の問題を
その都度解決していけば
体は病気になることはないと思うのです。
[PR]

# by irios-irios | 2008-01-27 12:14

アース

c0098877_16445836.jpg地球・・・
なんて素晴らしい惑星。

大自然と共に生きる動物達。

生きるための
過酷な弱肉強食の世界。

素晴らしい音楽と映像。

この映画は
是非劇場の大画面で
観ていただきたいです。




そしてこの美しい地球を守るために

6つのアクションプラン
1. 温度調節で減らそう
2. 水道の使い方で減らそう
3. 自動車の使い方で減らそう
4. 商品の選び方で減らそう
5. 買い物とゴミで減らそう
6. 電気の使い方で減らそう

こんな身近なことから始められる。
[PR]

# by irios-irios | 2008-01-13 16:57

奇跡

昨年12月にある方のお父様が危篤状態にあるという連絡が入った。
落ち着いたら連絡をくれるとのことだったのだが
その後連絡もないまま年を越した。

もしかして・・・。

万が一のことを考えるとこちらから連絡が取りづらく
取りあえず待つことにした。

連絡がきた。

お父様は助かったとのこと。

良かった。

会って詳しく聞いてみると
10日間も意識不明の昏睡状態で
医者が『助かったこと自体が奇跡』だと言うほど
危ない状態だったらしい。

そして、なんとその奇跡が起こった日
それもほぼ同時刻に
その方の持っていたストラップの石が割れた。
ぶつけたらしいのだが
拾えないぐらい粉々になって割れてしまった。

そんなことは普通ではありえない。
ぶつけたぐらいでは粉々にならない。

そのストラップはその方にとって初めてのパワーストーン。

それまでは石にパワーがあることを
信じていなかったわけではないけれど
信じていたわけでもない(笑)。

仕事で良くないことが続いていたので
気分転換を含めての依頼だったと思う。

お作りしてから1ヶ月ちょっとで起きた話。
まさしく絶妙なタイミングで頼まれたわけだ。

もしかしたら石の力ではないかもしれない。

でもご本人は
石がお父様の身代わりになってくれたと信じているし

私もきっとそうだと思う(*^ ^*)
[PR]

# by irios-irios | 2008-01-12 11:34