イリオス日記


パワーストーンの販売サイト            アクセサリー工房イリオス
by irios-irios
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧


Never Give Up

ミラクル大逆転でワールドチャンピオンになったライコネン。

一時期は応援している私が『もう無理かも』
なんて思ってしまったけれど

彼は一度も諦めなかった。

インタビューを受けるたびに『最後まで諦めない』と言っていた。

そして奇跡は起こった。

よくアメリカ映画を観ていて思うのだけれど

最後まで諦めずに逃げて間一髪で助かるシーンがよくある。

そんなシーンを観るたびに思う。
私だったらとっくに諦めて死んでるゎ・・・って。

c0098877_1654043.jpgあまり執着心もなく諦めの早い私に
ライコネンが教えてくれた

Never Give Up

最後まで諦めなければ奇跡は起こる。




私も頑張ろっ。
[PR]

by irios-irios | 2007-10-24 17:00

ライコネンワールドチャンピオンセール

c0098877_3144065.jpgやったー!

ライコネンが奇跡の大逆転勝利!




という訳で
注文の際に備考欄に
ライコネン優勝おめでとう
と書いて下さった方
今から10月24日23:59まで商品30%off

ただし、オーダー品、ホワイトセージ、ヒマラヤ岩塩(ピンク、ブラック)は除きます。
[PR]

by irios-irios | 2007-10-22 03:04

動物ヲタク?

最近芸能人のブログの数がすごいですねー。

そんな中で『アンタッチャブル柴田英嗣の平穏な僕』見つけました。

彼の動物シリーズ面白いです。

10月17日 『上野動物園』
下の方にあるペンギンの写真に注目。
左にペンギンのふりをした鳥がいます。
かわいいです。
そして見ればみるほど笑えます。
思わず声を出して笑いました。

しかし、上野動物園の年間パスポートがあったなんて
ましてそれを持っていて通っているだなんて

なんという動物ヲタクぶり。

パンダP(★1)は彼の『地』だったんですね。

その他にも声を出して笑ってしまう箇所はたくさんありますので
会社などで読むときはご注意を!

因みに私はゾウが大好きです。
c0098877_11192939.jpg












(★1)以前くりぃむしちゅーやアンタッチャブルが出ていたリチャードホールという番組の中で『リチャードホールプロデューサー パンダP』というコーナーがあり、パンダPが動物のウンチクを語る。
[PR]

by irios-irios | 2007-10-18 11:34

中国GP

勝負というのは何が起こるかわからない。

ライコネン1位!

c0098877_2502216.jpgそして
なんとハミルトンがリタイア。

これでドライバーズポイントは

ハミルトン 107P
アロンソ  103P
ライコネン 100P

ブラジルGPで
ライコネン 1位(10P)
アロンソ  3位 (6P)
ハミルトン 6位 (3P)なら
ライコネンとハミルトンが110Pで並ぶが
ライコネンの方が1位になった回数が多いので

なんとライコネンが逆転優勝!

昨年のブラジルGPの覇者マッサが頑張ってアロンソを抑えてくれる可能性は十分あるし
ハミルトン6位というのは難しいけど絶対ないとは言えない。

ブラジルGPで奇跡は起こるか?
[PR]

by irios-irios | 2007-10-08 02:53

日本GP

雨のためセーフティーカー先導で始まった日本GP。

レース前に着装タイヤを義務付けたメールが届かなかったフェラーリは
2週目にマッサ、3週目にライコネンのタイヤ交換を余儀なくされた。

なんてこったい!この大事なときに!

これで今期のライコネン優勝はなくなった・・・と萎えていたが

この日のライコネンの走りは凄かった。

100Rでは終盤、他のドライバーとは違うラインを走っていたらしい。
名付けてライコネン・ラインだって(笑)。

そしてその100Rでクルサードをまさかまさかのアウトラインからのオーバーテイク。

あんな雨の中、キレてるー!
さすがライコネン。

マッサも最終ラップでクビサをオーバーテイク。
手に汗にぎりました。
マッサもやるときはやるのね(笑)。

レース結果はライコネン3位に終わってしまったけど
ライコネンらしい走りが見られて満足です。

でも可哀想だったのが3位を走っていたベッテルと2位を走っていたウェーバー。
セーフティーカー先導下で
先頭を走っていたハミルトンが急にペースダウンし
それに気を取られたベッテルがウェーバーに追突し2台ともリタイア。
レース後もベッテルは30分以上泣いていたとか。

そんなハミルトン。
アロンソのまさかのリタイアで
c0098877_14575251.jpg優勝が濃厚になってきたけれど

ハミルトンはイマイチ好きになれず・・・

ここは王者アロンソに
奇跡の逆転優勝を期待する今日この頃。
[PR]

by irios-irios | 2007-10-05 15:04