イリオス日記

アーユルヴェーダの爪診断

こんなの見つけました。

ドーシャの特徴
ヴァータ・・・乾燥、ヒビ、荒い、欠けやすい
ピッタ・・・・・滑らか、ピンク色、曲がりやすい、わずかに光っている
カファ・・・・・厚い、強い、滑らか、光っている

体調から見る特徴
縦線 :消化器系の吸収が悪い
横線 :栄養不足
表面の凹凸 :鉄分不足
白い点 :亜鉛、カルシウム不足
血の気が無い :貧血
黄色 :肝臓
青色 :心臓
ルナ(爪の白い部分)が青い :強く肝臓が悪い
ルナが赤い :心臓衰弱

私の爪は・・・
乾燥していて欠けやすい
そして曲がりやすくてちょっとだけ光ってる
⇒ヴァータ・ピッタが半々のヴァータ・ピッタ体質だと言われたことがある。

万年縦線バリバリ⇒もともと消化器系弱い。
最近爪の表面が凹凸になってきたなと思っていた⇒最近鉄分グミを食べるのを止めた。

・・・当たってる。

それから・・・
あっ!今日はルナが赤い!
確か1週間ぐらい前は白かったのに。

へぇー、心臓衰弱なんだ・・・。

思い当たる節がなくはない。
気を付けなきゃ。
[PR]

by irios-irios | 2008-02-15 11:19
<< きんかん みのりヨーグルト >>